about “katadol research”

katadol researchではコンピューターやデジタル技術を駆使した研究開発の委託をはじめ、執筆、講演、研究発表などの依頼を受け付けております。本サイトでは瓜生大輔が興味をもった事柄を不定期に投稿していきます。

katadol research代表:瓜生 大輔(うりう だいすけ)

プロフィール:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程修了(博士<メディアデザイン学>)。おそらくHCI(ヒューマンコンピューターインタラクション)デザイン研究者。インタラクションデザイン作品の制作と、作品を中心に行う研究に従事する。ただしHCIはあくまで手法のひとつであり、実際の興味の幅は多岐にわたる。博士研究の主題はデジタルメディアを駆使した供養の儀礼のデザイン。宗教や文化とデザイン・テクノロジーが交わり合う領域に興味がある。博士(メディアデザイン学)。現在、東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科助教、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科リサーチャー。

コンタクト:daisuke [at] katadol.tokyo